TSUBUYAKI。。。junjin   

じんちゃん・SHINHWA・K-POP・ドラマなど…つぶやいてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ゴースト』

54_20100512_00001.jpg


松嶋菜々子、映画『ゴースト』で韓国俳優ソン・スンホンとダブル主演

女優・松嶋菜々子と韓国俳優ソン・スンホンが、1990年に日本で劇場公開された米映画『ゴースト ニューヨークの幻』のアジア版にダブル主演する。米ハリウッド映画会社パラマウントの初邦画で、日韓米の一大プロジェクト。6月に国内でクランクインし、今秋に公開される。

オリジナル版は、デミ・ムーアと故パトリック・スウェイジ(享年57)の共演によるラブファンタジー映画で、当時、大ヒットを記録した。

松嶋は「原作の『ゴースト ニューヨークの幻』が公開された頃、私は十代でしたが、当時、ストーリーに入り込んで見ていたことを憶えています。お相手の、ソン・スンホンさんは、韓国での主演ドラマが日本でも放送されていたのを見ていました。とても魅力的な役者さんなので共演できる機会ができたことを嬉しく思いますし撮影を楽しみにしています」。

ソンは2008年に主演したドラマ『エデンの東』が韓国でも30%を超える平均視聴率を獲得した、日本でも絶大な人気を誇るスター俳優。「個人的にも大好きだった映画なので、今回このようなご提案を頂き、シナリオを読んだ後、即座に出演を決めました」と話す。

オリジナル版のストーリーは、恋人同士のモリーとサムは一緒に暮らし始め、幸せに満ち溢れていたそんな矢先、サムは暴漢に襲われ命を落としてしまう。その死が陰謀であり、危険がモリーにも迫っていると知ったサムはこの世にとどまり、彼の声を聞くことのできる霊媒師の力を借りて愛するモリーを守ろうとする。アジア版では、舞台をニューヨークから日本に移し新たな『ゴースト』が描かれる。

同プロジェクトはハリウッドのメジャースタジオ、パラマウントピクチャーズと『THE JUON/呪怨』のヒットで国際的に活躍する映画プロデューサー、一瀬隆重氏により企画された。ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)の演出で実績のある大谷太郎氏が監督を務める。配給はパラマウント ピクチャーズ ジャパンと松竹の共同配給。

more »

スポンサーサイト

『サヨナライツカ』

イ・ジェハン監督『サヨナライツカ』、日本で好評

570637803668499442.jpg


イ・ジェハン監督が手掛けた映画『サヨナライツカ』が、日本で再び韓国映画ブームを巻き起こしている。

同作の広報を担当するピダンによると、『サヨナライツカ』は今月23日に日本で封切られ、全国の劇場180カ所で、週末の二日間に1億3000万円を超える売り上げを記録したという。なお、日本のボックスオフィスでは5位に入った。

これは、2006年以降日本で公開された韓国映画のうち、5年間で最高の成績を収めた『グエムル-漢江の怪物-』(250スクリーン)の記録7位を上回るもの。

『サヨナライツカ』は、タイを舞台に繰り広げられる4カ月間の運命的な愛と、その愛をめぐる3人の男女の人生、そして25年後、予期せぬ再会を描いた切ないラブストーリーだ。



キム・スジン記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版

more »

今は…



仕事の休みの日に、映画三昧のわたし。

302414901795051587.jpg
アンティーク~西洋骨董洋菓子店

ジフンssi、良かったわ~。
戻って来るのを待ってますよ。

日本のアンティークとはちと違うかな?

今見てるのが…こちらです。

51Ll+3YTK0L__SS500_.jpg
愛してるから大丈夫

この俳優さん、可愛いんだわ~
なんとなくRainに似てるかな?
今夜は、続きを見る事に…見終わったらドラマの続きもあるので…

私にはやっぱりこれだわね。ドラマに映画~







赤ちゃんと僕

86657_l.jpg


みどころ

お金持ちの家で育った高校生、けんかも強く顔もカッコいいジュンス(チャン・グンソク)の人生に、ある日2つの“タックル”が入る。1つは、言うことを聞かない息子に愛想をつかし両親が家を出てしまったこと。もう1つは自身の子どもであると配達された赤ちゃんの存在だ。

不意に赤ちゃんの父親となったジュンス。赤ちゃんの母親を探すが何の手がかりもない。泣き叫ぶ赤ちゃんに母乳を与えようと女性に声をかけるものの、慌てる女性らからは頬を殴られる始末。保育園にあずけるか、あるいは捨ててしまうのか悩むジュンスであったが、ある時から赤ちゃんへ対する情が芽生え始める。




面白かったなぁ~

久しぶりに映画を見ました。

このが可愛いこと。

次は、ジソプッチを見ま~す。「映画は映画だ」

ユジン&イ・ドンウク「わたしたちのラブストーリーです」

833983267873825101.jpg

659990875933977197.jpg


9日午後6時、ソウル市内の映画館「竜山CGV」でユジン、イ・ドンウク主演の映画『その男の本198ページ』のメディア試写会と記者懇談会が行われた。写真はフォトセッションで寄り添うユジンとイ・ドンウク。


 別れた彼女を捜し出すため、毎日図書館を訪れるジュノ(イ・ドンウク)。そんなジュノの手助けをしながらも、自身も恋人との別れで負った心の傷から立ち直れないウンス(ユジン)。それぞれのやり方で自分たちの胸の痛みを思い出しながら理解し合い、心を開いて互いの痛みを解きほぐしていくミステリー・ラブストーリー『その男の本198ページ』は23日公開。



意外な組み合わせですね~。
この映画も・・・ふふっ、見たいですね。
「マイガール」見て、いい俳優さんだな~って。
ユジンは「ワンダフルライフ」を見て西田ひかるに似てるな~って思いながら見てました。
こちらも好感度いいですね~

 | HOME |  »

♡♡プロフィール♡♡

□■atsuko□■

Author:□■atsuko□■
junjinに嵌ってしまった…
じんちゃんが大好き~です。

♡ラブリー時計♡

♡じんちゃん誕生日♡

♡junjin♪♡

♡お手紙♡

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。